二代目はつらいよ!?

コロナとホテル療養と私

コロナでホテルに滞在を余儀なくされました

JUN
実は・・・ホテルで隔離されていました。

PCR検査で陽性反応が出たんです。

保健所の指示でホテルに入所しました。
入所するにあたり、注意されたことです。

  1. 着替え・タオルの生活品は持参(ホテル備え付けの場合もある)
  2. 洗濯・掃除は自分でやる
  3. 食事の受け取り以外、部屋の外に出るのは禁止
  4. 7時・16時にセルフ検診してアプリで結果報告
  5. チェックは受けますが、差し入れの受け取りは可能
  6. 最短の出所は、発症日(検査で陽性が出た日)から10日後
  7. 出所する条件は、3日間体調不良でない



ホテルに入ってまず思ったのは「閉塞感がすごい」です。
部屋の窓から見えるのは隣のビルの壁だけ。
ホテルは感染者ばかりなので雰囲気も暗いです。
もちろん、人との会話一切ありません。
ロビーにいるペッパー君だけが唯一の話し相手でした。

話し相手はペッパーだけ

入所説明書に「心の相談所的な施設」の電話番号があり「心がやられちゃう人もいるんだ」と怖くなりました。


基本的な一日の流れは

7時 検診・報告
8時 朝食
12時 昼食
16時 検診
18時 夕食



検診と食事の受け取り以外はずっと部屋の中です。
私が入所したホテルはエレベーターも止められ、外に出られなくなっています。


私はしばらく高熱と頭痛が続きました。
そのため本来1日2回の検診を私は日に5回以上受けました。
幸いにも入所4・5日で熱は下がりましたが、嗅覚が無くなりました。
コロナ感染で味覚や嗅覚に障害がでると聞いていましたが、本当に、洗剤の匂いもコーヒーの香りもまったく分からなくなりました。
嗅覚が無くなることはよくあるそうで、看護師さんはあまり気にされていません。
でも、やはり不安でした。


1週間が過ぎたころ、めだった体調不良がなく、出所が決まりました。
ホテルに隔離される人の多くが体調を崩すこともなく1週間程度で出所するらしいです。
「入所」「出所」と刑務所みたいですが、本当にこう呼んでいました。


行きはバス送迎ですが、帰りは「公共交通機関でも帰ってもらって構いません」との事。
1度感染すると抗体が出来るので、感染リスクないとの判断でしょうか。
しかし、ホテルから家も遠くなかったので、私は歩いて帰りました。


1週間ぶりの外は、とても明るく見えました。
皆さまもどうかお気を付けて。




本日の修業結果
「不動産屋の基本は、健康。」

 

-二代目はつらいよ!?

© 2021 二代目不動産屋ブログ Powered by AFFINGER5