二代目はつらいよ!?

おすすめ不動産マンガ

二代目、行っきまーす

うちの会社はマンガ好きが多いんです。
僕もマンガが大好きで、特に留学中はたくさん読んでました。

JUN
そんな僕がおすすめしたい不動産マンガを紹介します。

勉強になる不動産マンガ

正直不動産

正直不動産
作者
大谷アキラ
夏原武
水野光博

出版社
小学館

出版年月
2017/12

不動産マンガといえば、一番に出てくるほど有名なマンガ。
ウソ八百だった不動産のエース営業マン・永瀬財地は、突然ウソをつけなくなってしまいます。
本当のことしか言えなくて、四苦八苦しながらも不動産の営業をする話。

出てくる不動産屋がほぼ悪人で、不動産屋のイメージが悪くなります(涙)。

業界の評判はすこぶる悪いマンガです。

両手仲介、建築条件付き土地、任意売却、三為業者、地面師などなど。
知っていて、損はしない豆知識が豊富に載っています。

業界の悪評の理由はお客さんが知識がついてしまうからかも??

ナニワ金融道」や「クロサギ」が好きな人は好きかもしれません。

魔法のリノベ

魔法のリノベ
作者
星崎真紀

出版社
双葉社

出版年月
2016/4

家族経営のリノベーション会社に大手工務店から営業ウーマン・小梅が転職してきます。
社長の息子・玄之介とコンビを組んで様々な難題に立ち向かいますが、元恋人や家族の問題も出てきて・・・。

リノベーションとは、家の機能や価値を高めるために行う大規模な工事のこと。

テレビ番組「ビフォーアフター」の影響もあり、自分の生活に合わせるリノベーションはすっかり定着しました。

実は、凝った間取りの家よりシンプルな間取りの家の方が売却しやすいんです。

このマンガは奇をてらった間取りが少なく、巻末の間取り図も参考になります。

雰囲気が「海街diary」に似ていて、オススメです。

吉祥寺だけが住みたい街ですか?

吉祥寺だけが住みたい街ですか?
作者
マキヒロチ

出版社
講談社

出版年月
2018/12

人気エリア・吉祥寺で不動産屋を営むファンキーな重田ツインシスターズ。
家にも将来にも迷い吉祥寺に住みかえようとする人たちに、重田姉妹がおすすめするのは、どれもこれも吉祥寺以外の家でした・・・。

「不動産」の、というより、「東京の街」の情報が満載。
食べ物屋の情報多めなのは「いつかティファニーで朝食を」の作者ならでは。
続編がウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」連載中。

読んでて思うのは、やっぱり 不動産を購入するなら人気エリア。

重田姉妹のように、一瞬で悩みも見抜き、全ての街に精通し、希望以外のエリアでピッタリの物件を紹介するのは、手間もかかるしハードルが高いです。
もともと希望だった吉祥寺の物件を紹介してしまいそう。

裏を返せば、 人気エリアだとオススメしなくても十分集客できるんですよね。

ほのぼの系?不動産マンガ

まねきねこ不動産-仙台不動産事情

まねきねこ不動産-仙台不動産事情
作者
空乃さかな

出版社
少年画報社

出版年月
2009/1

飼い主に置き去りにされたペルシャ猫・クリ太は亜徳不動産に引き取られます。
亜徳不動産は、訳アリのお客さんや個性的な猫で今日も大騒ぎ。

マンションで飼育できるペットは抱きかかえれる大きさまでと限定されていたり、大量の猫の抜け毛で困ったり。
不動産あるあるや猫あるあるが満載の四コママンガです。
猫好きのためのマンガ雑誌「ねこぱんち」に連載中。

匂いが取れなかったり、走り回る足音が響いたり、ペットは周りに影響を与えます。

こっそりペットを飼った結果、隣の動物アレルギーの人に訴訟を起こされたケースも。

ペット不可にしたり、飼育条件をつけるマンションは理由があります。

かわいいペットは条件の合う不動産で堂々と飼いましょう。

ドラゴン、家を買う。

ドラゴン、家を買う。
作者
多貫カヲ
絢薔子

出版社
マックガーデン

出版年月
2017/7

勘当された赤竜・レティは安心安全なマイホーム探しを決意。
エルフの建築士・ディアリアに様々な家を紹介されますが、安心安全なマイホームにはほど遠く・・・。

流行の「異世界日常」マンガ。
ちょっと毛並みが違いますが、「異世界居酒屋「のぶ」」や「空挺ドラゴンズ」と一緒にどうでしょうか。

異世界が舞台なので、登場人物は勇者やドワーフ、ゴブリンなど。
紹介される家も、迷宮だったり、死者の館だったり。

しかし、家を探して右往左往しているレティは現実のお客様の姿と重なります。

不動産屋に任せきりで、色々家を紹介されると、自分の希望を見失いがちです。

家を探すときのポイントは、自分の希望に優先順位をつけ、きっちりと不動産屋に伝えることです。

ちょっと怖い不動産マンガ

不浄を拭うひと

不浄を拭うひと
作者
沖田×華

出版社
ぶんか社

出版年月
2019/11

部屋の中で人が死ぬと、通常の清掃では元の状態に戻らない場合があります。
特殊清掃は、通常の清掃では間に合わない家や部屋の原状回復を行います。
このマンガは、特殊清掃の会社で働く山田さんの体験談です。

死体の一部を発見したり、霊の気配を感じたり、悲しくて怖い話が満載。
でも、不動産屋なら、いや、不動産屋以外でも避けては通れない話です。

特殊清掃で綺麗になっても、自殺や他殺があった場合、不動産契約時には告知する義務があります。

それ以外の死因の告知義務や告知の期間についてはあいまいなところがあります。
しかし、 気になることは全て告知することをオススメします。

ボクんち事故物件

ボクんち事故物件
作者
松原タニシ
宮本グミ

出版社
竹書房

出版年月
2019/6

映画「事故物件 怖い間取り」でも話題のお笑い芸人・松原タニシさんの体験談。
事故物件とは、室内で人が亡くなった家や部屋の俗称です。
タニシさんは、テレビ番組の企画で事故物件に住み、心霊体験をリポートします。

心霊漫画ですが、絵がかわいく話もそれほど怖くなく、読みやすいです。
ホラー好きなのですが、不動産屋としては、不動産や死をこのように扱うのが正しいのか判断に迷うところではあります。

「ここにが住めない」という抵抗感や嫌悪感を感じてしまうような事故や事件があったことを心理的瑕疵と言います。

抵抗や嫌悪の感じ方は人それぞれです。

自分は平気だと思っても、全て話しておいた方がトラブルの回避になります。

もうすでに有名なマンガも多く、ご存知だったかもしれませんね。
まだまだ数が少ない不動産マンガ。
オススメがあれば、ぜひ教えてください。

本日の修業結果



「マンガで不動産の今が分かる」

 

-二代目はつらいよ!?

© 2021 二代目不動産屋ブログ Powered by AFFINGER5