税金のこと知っていますか

相続が節税だけではダメな理由 前編

節税と投資で資産を増やしましょう

相続で一番心配なのは、相続税の支払いではないでしょうか。
不動産屋はそんな方によくこう言います。
「節税のために不動産を買おう。」

節税の目的は、使えるお金をできるだけ多くして「暮らしを豊かにする」ことです。

JUN
では、「節税」=「暮らしを豊かにする」ですか?


節税すると暮らしは豊かになるか

節税しても相続のたびに減る資産

こちらのグラフをご覧ください。
節税をする場合としない場合の相続後の資産の推移です。


節税だけでは相続を繰り返すたびし資産は減少します



節税すると相続税額は減り、資産はより多く残っています。
しかし、全体的に相続のたびに資産が減っています。
2回目以降の相続で、節税してもしなくても資産は当初の半分以下です。




節税だけでは不十分

お金などの資産は「暮らしを豊かにする」ために必要です。
「暮らしを豊かにする」ためには「資産を減らさない」「使える資産をできるだけ多くする」ことが必要です。

しかし、節税だけでは資産は減ります。

節税だけでは暮らしは豊かにはなりません。





「暮らしを豊かにする」を実現する方法

資産を減らさない資産運用

では、資産を減らさないためにはどうすればいいでしょうか。

次のグラフをご覧ください。
節税した場合と資産運用した場合の相続後の資産の推移です。


資産運用を利用し資産の減少を防ぎましょう



資産が多いと支払う相続税も多くなります。

そのため、資産運用では相続税は減りませんが、資産自体も減りません。

支払う相続税が多くても十分な資産を残すことが出来れば「暮らしを豊かにする」ことが可能です。




暮らしを豊かにするために

でも、「暮らしを豊かにする」ためには節税と資産運用どちらとも行えた方がよくありませんか。

方法はあります。
不動産投資です。



JUN
なぜ不動産投資なら可能なのか、次回で説明します。





本日の修業結果



「暮らしを豊かにするためには節税だけでは不十分」



-税金のこと知っていますか

© 2021 二代目不動産屋ブログ Powered by AFFINGER5